低温・超電導工業会の目的

本工業会の目的は、会則により以下の様に定められています。

 クライオスタット、極低温冷凍機、低温機器、超電導マグネット、超電導線材、超電導応用機器及びその応用機器・装置とこれらに使用する補器、部品その付属品(以下「低温・超電導機器」と言う)の生産、流通、貿易及び消費の増進に関する施策の充実を図ることにより、低温・超電導産業及びその関連産業の健全なる発展を図るとともに我が国産業の発展に資し、もって国民生活の向上に貢献することを目的とする。

 

 また、その事業は、次のように定められています。

 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

(1) 低温・超電導機器の生産、流通、貿易及び消費の増進に関する施策の推進

(2) 低温・超電導機器の技術の改善・向上に関する施策の推進

(3)  低温・超電導機器の安全のより品質性能の高度化に関する施策の推進

(4) 低温・超電導機器に関する展示会などへの参画及び開催

(5) 低温・超電導機器に関する法律改定への協力

低温・超電導に関する法改正についての官庁への影響力の向上

企業団体として発言と助言

(6) 公益社団法人 低温工学・超電導学会への援助と、応援

工業会としての意見を学会に発信し、企業側から学会の活性化を図る。

開催される学会などのセッションへの要望或いはセッションの担当、学会に積極的に参加。

学会併設展示会への参加を企業に勧める。

(7)  その他本会の目的を達成するために必要な事業

 

 そして、その事業については、日本全国および海外において行います。